Python

【Python】WordPress REST APIの環境構築

  • ワードプレスREST APIを使用するための準備の方法がわかります。
  • REST APIを用いることで
    ブログの新規投稿、編集、削除が可能になります。
  • タグやカテゴリーの取得も容易になります。

こんにちは、hokkyokunです。

ワードプレスの自動化を試してみたくなりました。
Pythonとweb APIを使用すると実現できそうなので、
一連の操作を学習し、まとめてみました。

今回は、自動化に向けた準備です。
といっても簡単ですので、さくっと終わらしちゃいましょう。

準備は何が必要か?

必要なステップは以下の通りです。

  1. WordPress REST API (Version 2)のダウンロード
  2. 1.でダウンロードしたファイルをワードプレス管理画面からインストール
  3. 同じく、ワードプレス管理画面から「Application Passwords」をインストール
  4. アプリケーションパスワードを発行

以上となります。

尚、上記の方法以外にも
Python側のライブラリーを使って、自動化(プラグインは無しで)
もできるみたいですが、

今回はプラグインとPythonを使って、APIをたたく方法をとりたいと思います。

1.WordPress REST API (Version 2)のダウンロード

サイトはこちらです。

こちらのサイトに進むと
すぐに「WordPress REST API (Version 2)」が見えると思いますので、
「Download」をクリックしてください。

そうすると、「rest-api2.0」というzipファイルが取得できると思います。

2. 1.でダウンロードしたファイルをワードプレス管理画面からインストール

ワードプレスの管理画面から処理を行います。
ダッシュボード >> プラグイン >> 新規追加 をクリックします。

プラグインのアップロードをクリックします。

以下の操作を行います。一つ一つは簡単なので落ち着いてやれば大丈夫です。

  1. 「ファイルを選択」をクリック
  2. 1.でダウンロードしたファイル(rest-api.2.0-beta15.zip) を選択
  3. 「今すぐインストール」をクリック
  4. インストール後、プラグインを有効化をクリック

ワードプレス管理画面から「Application Passwords」をインストール

同じくワードプレスの管理画面の操作です。

ダッシュボード >> プラグイン >> キーワードに「application password」と検索します。

該当のプラグインをインストールします。

アプリケーションパスワードを発行

ダッシュボード >> ユーザー >> プロフィール

プラグインの追加でアプリケーションパスワードが項目としてあるはずなので、

  1. 「新しいアプリケーションパスワード名」に好きな名前をつける
  2. 「新しいアプリケーションパスワードを追加」をクリック
  3. このとき、パスワード名が出現するので、忘れないようにコピペ等で控えておく
    これを逃すと見れないかもしれません。その場合は再度発行することになると思います。

このパスワードが発行出来たら準備OKです。

もし詰まることがあれば(経験談)

プラグインのインストールはそんなにつまずくポイントはなかったのですが、
アプリケーションのパスワードがどこを操作すればよいかなかなかわからず困りました。。

もしつまったら、
プロフィールの中盤あたりを見てもらうことと、
「新しいアプリケーションパスワード名」は必ず入力するようにしてください。

特に、「新しいアプリケーションパスワード名」は入れずに
「新しいアプリケーションパスワードを追加」を押しても
エラーも生じず、パスワードも発行されずでどうすればいいか困りました。

次回はいよいよ、ワードプレスから情報を取得したり、
自動で動かしたりしてみたいと思います。

ではでは