ポートフォリオ

【めざせ5000万円】仮想通貨と株式インデックスの積立投資!2023年11月資産評価

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、hokkyokunです。

投資の記録をとっていきます。
いつの間にか資産が増えてたりするので、きちんと履歴を残しておくことにしました。

これから資産運用を始めたいという方にも参考になればと思います。

基本的にはつみたてNISA × SBI証券 × 三井住友カードゴールド
での米国株インデックス投資

+仮想通貨の積立投資

を行っています。

米国株インデックス積立はどこの証券会社で始めても大差はないですが、
ポイント付与率で差が生じます。
どうせやるならお得にポイントがたまる三井住友カードゴールドをお勧めします。

下記のボタンから申し込むと紹介扱いとなり、
ポイントが少しお得につきます。

–下記ボタンから申し込みで2000p プラス 最大11000p付与–

最初の一年は年会費無料

米国株インデックス投資はどんな方にもおすすめの投資です。
まずは毎月ある程度つみたてNISAの枠を埋めるように投資してから
個別株の短期売買などを行うことをお勧めします。

詳細はこちらに

【クレカ積立】積立投資の最適解は[Oliveフレキシブルペイ+三井住友カードゴールド]×SBI証券である理由 私が実際に自分で資産運用している方法についてご紹介したいと思います。 積立投資はOliveフレキシブルペイと三井住友カードゴール...

投資戦略

簡単に投資戦略をまとめます。

基本は米国株

  • 基本的にはインデックスファンド(具体的には別表参照)の積立投資
  • 年間80万円(つみたてNISA枠を夫婦でフルで埋める)
  • 資金に余裕があればスポットで追加購入や
    高配当ETFであるVYMを購入(詳しくはこちら)

インデックスファンドの具体的な内訳は以下の通りです。

  • 全米インデックスファンド(米国全体に投資) 
    16,666円
  • S&P500インデックスファンド(S&P500連動)
    25,667円
  • 全世界インデックスファンド(全世界に投資)
    24,333円

すべてインデックスファンドですが、投資対象が
S&P500、米国全体、全世界と異なります。
これらをミックスして投資しています。

具体的な購入銘柄は記事内の下記に記しています
(クリックするとそこまで飛びます)

ここまではベーシックな守りの投資です。

攻めの投資として仮想通貨投資

少額ですが、攻めの投資として
仮想通貨の積立投資を行っています。

  • ビットコイン 4000円
  • イーサリアム 4000円
  • ビットコインキャッシュ 500円

なぜ仮想通貨を始めたのか、上記の銘柄を選んだ理由は何か?
以下にまとめていますのでよかったら見てみてください。

金額としてはまだまだ少ないので、
現金に余裕が出てきたらもう少し増やす予定です。

余裕があれば米国高配当ETF

資金に余裕がある場合はインデックスETFや仮想通貨を買ったりもしますが、
多いのは米国の高配当ETFです。

なかでもVYMは成長率、配当利回りともに良いので
優先して投資しています。

詳しくはこちらで過去データを分析した記事がありますので
よかった見てみてください。

過去にやっていた日本株や新興国は売らずに保持

また、これまで米国株以外にも
日本の個別株や新興国のETF等を買ったりしていたので
その分は売らずに保持し続けようと思います。

比率は年々下がりますが、
米国株のリスクヘッジとしてしばらく機能させるつもりです。

データ集計はPythonを使って自動化

資産は複数の証券口座や銀行の預金などに分かれています。
これを一つ一つ取得するのは骨が折れるので
Pythonを使って自動化させました。

Python×投資により
面倒な資産管理を自動化したり、あらかじめシミュレーションをすることで
ぶっつけ本番で取り返しのつかない事態にならないようにするなど。

投資とプログラミングは相性がかなり良いです。

マネーフォワードは
データの吐き出し(エクスポート)が有料会員でしかできません。

そこで、インターネット操作を自動化し
証券口座や銀行の預金情報をエクセル形式に自動で落とし込みました。

株式投資

今月の投資

定期購入は以下の通りです。
合計:78,666

銘柄 インデックス タイプ 購入金額 (円)
eMAXIS Slim<br>米国株式(S&P500) S&P500 つみたてNISA 25,667
SBI・V\n全米インデックスファンド 米全体型 つみたてNISA 16,666
楽天・全世界株式インデックス・ファンド\n(楽天・VT) 全世界型 つみたてNISA 24,333
eMAXIS Slim\n米国株式(S&P500) S&P500 iDeCo 12,000

スポット購入は以下の通りです。

銘柄名 約定単価 金額 銘柄コード
SBI・V・S&P500インデックス・ファンド 22293 7000.0 NaN
総額 7000.0

定期購入 : 78,666円
スポット購入 : 7,000円
合計 : 85,666円

合計85,666円投資しました。

株式資産

株式資産と現金のバランスは以下の通りです。

株式資産 : 10,965,334円
現金 : 1,125,761円
合計 : 12091095円

株式投資の内訳は以下の通りです。

名称
購入金額(円) 8,092,748.0
評価額(円) 10,965,334.0
評価損益(円) 2,857,088.0
利益率(%) 35.3

地域別(米国、日本、新興国)で比較

株式投資の内、地域別(米国、日本、新興国)で比較してみました。

ETFや投資信託の中にはミックスされており、
分別不可のものは除外しました。

category1 購入金額 評価額 評価損益 利益率(%) 全体に占める割合(%)
米国 5,790,392 7,023,932 1,219,948 21.1 65.6
日本 1,605,946 3,117,010 1,511,064 94.1 29.1
新興国 559,657 558,594 -2,969 -0.5 5.2
合計 7,955,995 10,699,536 2,728,043 34.3 100.0

注意しなければいけないのが米国は毎月定期購入していますが、その他の地域はスポット以外、購入していません。

株式は基本的には上昇傾向にありますので、
大昔に買って放置した方が利益率は自然と高くなります。

よって、定期購入している米国株が構造上利益率が不利になる点はご留意ください。

米国株、全世界株の比較(S&P500 VS 米全体 VS 全世界)

米国株の内、S&P500 VS 米全体 VS 全世界に絞って比較してみました。

基本的にはS&P500や米全体インデックスファンドをお勧めしていますが、
全世界系のインデックスファンドとの対比もしたいので分散してつみたてしています。

運用結果は以下の通りです。

category2 購入金額 評価額 評価損益 利益率(%) 全体に占める割合(%)
S&P500 1,968,402 2,750,839 781,221 39.7 40.9
米全体 1,643,219 2,035,300 386,747 23.5 30.2
米国高配当 1,051,771 1,007,086 -49,980 -4.8 15.0
全世界 781,655 937,274 155,612 19.9 13.9
合計 5,445,047 6,730,499 1,273,600 23.4 100.0

こちらはどのジャンルもある程度定期購入しています。
ただ、購入頻度や額は異なりますので、そこは注意してください

仮想通貨

今月の投資

定期購入は以下の通りです。
仮想通貨:8,500円

銘柄 備考 購入金額
ビットコイン(BTC/JPY) 円建て ¥4,000
イーサリアム(ETH/JPY) 円建て ¥4,000
ビットコインキャッシュ(BCH/JPY) 円建て ¥500

スポット購入は以下の通りです。

今月は無し

合計8,500.0円投資しました。

通貨別利益

購入した通貨別の利益率です。

通貨 数量 評価額(円) 購入額(円) 評価損益(円) 利益率(%)
ビットコイン 0.0346 195,065.9 120,000.0 75,065.9 62.6
ビットコインキャッシュ 0.0805 2,993.0 2,100.0 893.0 42.5
イーサリアム 0.0682 20,733.9 18,000.0 2,733.9 15.2
合計 0.1834 218,792.8 140,100.0 78,692.8 56.2

仮想通貨の積立投資ならコインチェックがおすすめです。

他の取引所にない特徴として、
口座引き落とし設定が可能で、入金から購入まで全自動で終わるという特徴があります。

他の通貨取引所は手動で資金を入金しないといけないので、うっかり入金不足に陥ってうまく積立できない場合があります。

コインチェックの場合は最初に設定しておけば基本放置でいいので、安心して積立が可能です。
↓から口座開設できますので、よかったら見てみてください。

コインチェック

総資産およびアセット(現金、株式、仮想通貨の比率)

結局今いくらあるかですが、現金、株式、仮想通貨をあわせた資産は
12309887.8円でした。
利益率は43.4%でした。

総資産に対する割合です。

これまでの資産推移です。

株式と仮想通貨で利益に対する割合です

これまでの資産推移です。

これまでの投資の推移

これまでの資産の評価額の推移です。

これまでの資産の利益率の推移です。

所感

前月より少し回復しました。ここ半年は伸び悩みです。

株式の利回りが伸び悩んでいるのもありますが、
現金の比率が著しく落ちているので、支出が大きかったかもしれません。
特に使った印象はないですが、クレカの引き落としタイミングが重なったかな?

そんななかで、仮想通貨の利益率の伸び率がすごい!
オワコンと言われてきた仮想通貨ですが、なんだかんだ復活してきていますね

今月から取引額を8500円に伸ばしました。ほぼ2倍にしました。
ただ、仮想通貨は総資産当たり1.7%の割合なのでもう少し割合を大胆にあげたいところですが…

まあ、徐々に徐々に上げていきます。

ちなみになんですが、iDeCoもこっそり始めています。
ただデータ取得のプログラムを作るのがめんどくさくてまだ反映していませんが(笑)
正確なデータにならないので、早いうちに作ります(-_-;)

コード修正し、iDeCo分反映させました!

目指せ5000万円!
12年以内目標です